FES-zarashi

「MONSTER baSH」「WILD BUNCH FEST.」「NUMBER SHOT」の情報まとめブログ。前年の情報を参考に計画を早めに立てられるように自分メモ。公式サイトに怒られたら、削除・更新対応しますのであしからず。

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」の情報まとめ。感想(メリット、デメリット)、出演アーティスト、タイムテーブル、アクセスマップ、エリアマップ。

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」とは

WILD BUNCH FEST.(ワイルド・バンチ・フェス)は山口県山口市の山口きらら博記念公園で開催される、中国地方最大規模の野外音楽イベントである。

参考:WILD BUNCH FEST. - Wikipedia

 

公式サイト:WILD BUNCH FEST. 2018 ワイルドバンチフェス

※各情報はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

※公式サイトから注意された場合、指摘箇所、または記事全体を削除します。

 

開催名:WILD BUNCH FEST. 2018(ワイルド・バンチ・フェス・ニセンジュウハチ

日程:2018年7月28日(土)・29日(日) ※雨天決行(荒天の場合は中止)

会場:山口きらら博記念公園

時間:各日 9:30 開場 / 11:00 開演 20:15 終演予定

料金(税込):全自由

 1日券 > ¥9,800 / 小学生チケット ¥4,900

 2日券 > ¥17,500 / 小学生チケット ¥8,750

 ※2日券はお1人様に限り有効
 ※未就学児入場無料(要保護者同伴)

 

スポンサーリンク

 

 

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」の出演アーティスト

★2018年7月28日(土)

THE ORAL CIGARETTES

Crossfaith

coldrain

サイダーガール

Saucy Dog

SiM

SUPER BEAVER

teto

Nothing's Carved
In Stone

THE BACK HORN

BIGMAMA

Fear, and Loathing
in Las Vegas

04 Limited Sazabys

ポルカドットスティングレイ

MAN WITH A MISSION

MOROHA

 

★2018年7月29日(日)

エレファントカシマシ

KANA-BOON

Creepy Nuts

クリープハイプ

ザ・クロマニヨンズ

go!go!vanillas

サカナクション

SIX LOUNGE

ストレイテナー

10-FEET

東京スカパラダイス
オーケストラ

Nulbarich

ハルカミライ

ヤバイTシャツ屋さん

yonige

緑黄色社会

 

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」のタイムテーブル

★2018年7月28日(土)

後日発表!

 

★2018年7月29日(日)

後日発表!

 

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」のアクセスマップ

 

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」のエリアマップ

 

「ワイルドバンチ 2018(ワイバン 2018)」の感想 ※現在は開催前のため2017年の情報を記載

・メリット

総合的に個人的には大満足(フェス初心者、まったり楽しみたい人におすすめ!)

サブステージのバンドをガッツリ予習して、サブステージ中心に観覧するのが一番楽しい気もしてきた。本気で見たいバンドのときだけメインステージに行く。完全に個人的な意見だけど。

駐車場と会場が近い(徒歩10分ぐらい?)

駐車場券は取りやすい印象(当日券狙いも可能なレベル。保証はしない。)

行きの渋滞が短い(開場1時間前到着で30分ぐらいの渋滞?)

帰りの渋滞が短い(終演後でもほとんど渋滞なし?)

ツアーバス(朝/福岡)は、出発の30分前ぐらいについて1時間ぐらい並んだ(開場時間よりも先についたのでとくに問題なし)

ツアーバス(夜/福岡)は、トリの演奏中に片付けして、トリの演奏中にバスに行ったらすんなり帰れた(バスは席が埋まらないと出発しないみたいなのでタイミングにもよる。トリを見てない人たちだからなのかはわからないけど、全然においは気にならなかった。なので、バスに乗る前には最低限の配慮はするべき。汗ふきシートで消臭するとかシャツを着替えるとか。)

会場内にドームがあるので、やばいときは直射日光や雨風を避けれる

サブステージの周りは日陰が多い(開演前であれば場所は選び放題、開演後でもステージ近くとかでなければ日陰はかなりあるのでとくに困らない。オフィシャルグッズ欲しいなら、場所取りよりもグッズを優先すべし。オフィシャルグッズはガチですぐに売り切れる。)

サブステージ周りの日陰は風が通るので涼しい

ペットボトルのドリンクを売店で買える

チケットは取りやすい印象(一般発売からでも間に合うこともある)

ドーム内にセブン銀行のATMがあるので現金が足りなくなっても安心(今年もあったか自信ない。気にしてなかったから確認してないや。)

携帯の充電コーナーができてた(見に行ってないから詳細は知らない)

何気に自販機が多いので150円でペットボトルドリンク買える。売店で買うと250円なので、かなりお得。人が集まる場所の自販機はすぐに売り切れるので、人目につかない自販機を見つけるのがポイント。

開場前の入り口は行列が出来てるけど、メインステージの場所取りとかする必要ないなら、無理に行列に並ぶ必要はない。日陰で体力温存しておいて、行列がなくなってから入場するのが賢い。1時間ぐらい直射日光の中並んで、10分ぐらい先に入場しても何も変わらない。何度でも言うが、それよりもグッズの方に並んだ方がいい。

 

・デメリット

メインステージとサブステージが少し遠い(徒歩10分ぐらい?)

メインステージとサブステージの間の砂浜が歩きづらい(舗装された通路もある)

メインステージは日陰がほぼない(あそこにずっといる人まじでスゴイ)

メインとサブで見たいアーティストがかぶると悶絶する

グッズの売り切れが多発する印象(朝一並んでも購入できないグッズも)

グッズ販売の行列が長い&ドーム内は無風なので結構しんどい

会場周辺の宿は即埋まる(どのフェスも同じだろうけど)

車で1時間ほどの宿でも困難。絶対に行くと決めたら宿は即調べた方がいい。

トイレはきれいとは言えない(ドーム内はそこそこ、女子の列はやばいね。。)

2つのサブステージの行き来がすこし面倒になった(少し遠くなったから)

なんか2016よりも人増えた?そんなことない?去年よりも人ごみがすごく邪魔に感じた。タイミングとかにもよるんだろうけど。。

2017からフードエリアの場所が移動になったけど、本当に改悪としか言えない。売店に並ぶ列と座り食いしてる人たちのせいで、エリア内はごった返してる。エリア内を移動するのがすごいストレス。店舗向い合せをやめるとか、フードエリアを拡大するとか、通路を設けるとか、一方通行規制にするとか、座り食いの集団を排除するとか、来年はなにかしらの対策を期待する。

 

スポンサーリンク