FES-zarashi

「MONSTER baSH」「WILD BUNCH FEST.」「NUMBER SHOT」の情報まとめブログ。前年の情報を参考に計画を早めに立てられるように自分メモ。公式サイトに怒られたら、削除・更新対応しますのであしからず。

「NUMBER SHOT 2017」の情報まとめ。感想(メリット、デメリット)、出演アーティスト、タイムテーブル、アクセスマップ、エリアマップ。

「NUMBER SHOT 2017」とは

NUMBER SHOT(ナンバーショット)は、福岡県福岡市東区の海の中道海浜公園で開催される大規模な音楽フェスティバル。毎年7月末に開催される。

参考:NUMBER SHOT - Wikipedia

 

公式サイト:NUMBER SHOT 2017|ナンバーショット 2017

※各情報はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

※公式サイトから注意された場合、指摘箇所、または記事全体を削除します。

 

開催名:NUMBER SHOT 2017 (ナンバーショット ニセンジュウナナ)

日程:2017年7月22日(土)・23日(日) ※雨天決行・荒天中止

会場:海の中道海浜公園野外劇場

時間:各日 9:00開園 / 9:30開場 / 11:30開演 / 20:20終演予定

料金(税込):全自由

 1日券 > ¥8,000(税込み/入園料込)

 2日券 > ¥14,000(税込み/入園料込)

  ※消費税込み

  ※6歳以上はチケットが必要。(年齢による入場制限なし)

  ※イベント専用駐車場はありません。

  ※出演者は予告なくキャンセル・変更になる場合がございます。

   キャンセル・変更に伴うチケットの払い戻しは出来かねます。

 

スポンサーリンク

 

 

「NUMBER SHOT 2017」の出演アーティスト

★2017年7月22日(土)

back number

KANA-BOON

LiSA

MAN WITH A MISSION

MONOEYES

MY FIRST STORY

THEイナズマ戦隊

THE ORAL CIGARETTES

WANIMA

ゆず

カノエラナ ※OPENING ACT

Leola ※OPENING ACT

 

BRADIO

ポルカドットスティングレイ

竹原ピストル

THE BEAT GARDEN

Xmas Eileen

ヤバイTシャツ屋さん

OKAMOTO'S

Stragraph

 

★2017年7月23日(日)

10-FEET

BLUE ENCOUNT

フレデリック

マキシマム ザ ホルモン

NICO Touches the Walls

Nulbarich

サカナクション

sumika

ユニコーン

ザ・クロマニヨンズ

あいみょん ※OPENING ACT

RIRI ※OPENING ACT

 

あいくれ

ビッケブランカ

ぼくのりりっくのぼうよみ

チャラン・ポ・ランタン

LAMP IN TERREN

リアクション ザ ブッタ

SHE'S

Saucy Dog

THE GOGGLES

 

「NUMBER SHOT 2017」のタイムテーブル

★2017年7月22日(土)

f:id:webzarashi:20170727084422p:plain

 

★2017年7月23日(日)

f:id:webzarashi:20170727084434p:plain

 

「NUMBER SHOT 2017」のアクセスマップ

★会場までの経路

f:id:webzarashi:20170727084515j:plain

★会場周辺地図

f:id:webzarashi:20170727084526j:plain

 

「NUMBER SHOT 2017」のエリアマップ

f:id:webzarashi:20170727084641j:plain

 

「NUMBER SHOT 2017」の感想

・メリット

2017から待望のブロック制の排除

福岡市街地からのアクセスの利便性

ペットボトルのドリンクを売店で買える

売店もトイレもそこまで並ばないでいい印象(タイミングにもよる)

チケットは取りやすい印象(一般発売からでも間に合うこともある)

新ステージ含めすべてのステージがほぼかぶらないタイムスケジュール

メインステージとサブステージが近い

すり鉢状のステージなので後方エリアからでも観覧しやすい

会場がコンパクトなので移動が楽

 

・デメリット

総合的には個人的にもう少し頑張りましょう

会場全体的に日陰がほぼない(本当に気を付けないと倒れるレベル)

運営側が暑さ対策にそこまで力を入れてない感(ミストとか水撒きとか)

1日目のドリンクがまさかの売り切れ(来年以降は対策立てると思うけど。。)

トイレは基本的に仮設トイレ

1アーティストの演奏時間が短め

会場がコンパクトなのでわくわく感が少ない

会場の雰囲気でそこまでテンションがあがらない

バスや電車から降りた後もそれなりに歩く(会場まで少し距離がある)

 

 

スポンサーリンク